キャッシングの審査基準で通りやすい人とは

キャッシングカードローンの審査基準で審査に通りやすい人とは、属性がよい人になります。属性がよいとは、具体的には勤続年数や居住年数が長いことです。転職回数が少なく同じ会社に長年勤めていている人は、たびたび転職を繰り返す人よりも収入も安定していますので、属性がよい人となります。また、雇用形態によっても差が出ます。いちばんいいのは公務員とされ次いで会社員です。無職は問題外ですが、自営業の方となると収入が安定しないことから属性が悪いとされます。自営業の方といっても、医師や弁護士、司法書士、薬剤師、税理士など士業の方に関しては会社員よりも属性が高いとされます。職種によっても限度額が出ない場合があり、タクシーの運転手や水商売、給料がすべて歩合給の営業の方などです。収入が不安定な職業であったり離職率の高い職業だとキャッシングの限度額も低く抑えられる傾向になります。借金の履歴ですが、まったく借金をしたことがない人よりも、これまで借り入れがありきちんと返済をした実績がある人のほうが評価されます。